2017年08月28日(月)

[お知らせ]
愛知東邦大学コミュニティカレッジ後期講座 受講生募集開始!  【フレンズ・TOHO会員受講料割引制度あり】

 お申込みは8/28(月)から始まります。
 コミュニティカレッジでは、本学における教育および研究の成果を、地域の皆様に提供することを目指して、各学部の特色を活かした講座を開講します。

 フレンズ・TOHO会員の方々には、受講料が割引となる特典があります。各講座の詳細、講座お申し込みから受講スタートまでのステップ、特典制度を掲載していますので、本学地域貢献コミュニティカレッジのHPを是非ご覧ください。

 詳しくは、以下にアクセスしてください。
 http://www.aichi-toho.ac.jp/public/regionalcontributions/community_college

Posted at 15時27分

[お知らせ]
「受託研究」「共同研究」のお問合せ、ご相談をお待ちしております

 本学では、企業の皆様からの委託を受け、本学の教員が調査・研究を行う「受託研究」と、企業の皆様と共同で研究を行う「共同研究」を受け付けております。
 これらの取り組みにご関心がありましたら、お気軽に産学連携推進委員会(受付窓口:藤井、長沼)まで、メール(c-sangaku@aichi-toho.ac.jp)にてお問合せください。

Posted at 15時18分

[お知らせ]
学校法人東邦学園のホームページがスタートしました

 学校法人東邦学園の法人ホームページが2017年度からスタートしました。
 愛知東邦大学、東邦高校の最新ニュースサイトや過去の記事にリンクできるほか、「東邦学園要覧」や「東邦キャンパス」のPDF版が読める「学園広報誌」サイトもあります。一押しは「語り継ぐ東邦学園史」の連載企画です。

 第1回 東邦商業学校の誕生
 入試・合格発表・入学式を1日で、関東大震災で義援金も、千種橋からの風景
 第2回 夢を応援する教師
 公立学校に負けるな、医師になった1回生、田舎道を歩いて、三菱空襲で殉職した恩師
 第3回 105歳2回生も医師
 元岡崎市民病院小児科部長、足助町から東邦商業へ、化学が大好きに、見つからなかった母校、筋金入りの「真面目」
 第4回「東邦商業新聞」の発行
 昭和前期に発行された中等学校新聞、ボーイスカウトや小学生の記事、陸上部員自らも執筆、文芸欄では卒業生の東京学生報告、1回生の「卒業名簿」を特集、目立つ40歳代での「永眠」
 第5回 帝大にも挑んだ籃球部
 籃球部の創部、東京帝大とも対戦、籃球部の豆機関車、あこがれは燕のユニフォーム、竹の輪で復活した戦後バスケット部
 第6回 3回生の絆
 世界恐慌と就職難、満州へブラジルへ、樺太の日露国境から、「邦友会」に集う、ブラジルの地で、42年ぶり帰国の友を迎えて、苦難乗り越えた足跡
 第7回 赤萩道場の伝説剣士
 剣道部の誕生、熱気の赤萩道場、「嗚呼杉浦君!」、多かった特待生、三島由紀夫と対峙した原さん、「真面目」をモットーに
 第8回 野球部誕生への足踏み
 生徒チームに打ち込まれた“下出投手”、ひしめく赤萩運動場、鳴海球場の誕生、中京商に追いつき追い越せ、初陣の甲子園予選で善戦

 第7回では1970年11月25日、作家の三島由紀夫が東京・市ヶ谷の自衛隊駐屯地で憲法改正を訴えて割腹自殺を図った事件で三島と対峙した東邦商業剣道部OBの一等陸佐も登場します。第8回では東邦商業野球部誕生に先立って生徒チームと先生チームとの野球試合で、投手の下出義雄副校長のKO降板。連載を通して埋もれていた出来事やドラマが次々と明らかになっています。ぜひご覧ください。

法人ホームページは「東邦学園」で検索できます。
http://www.toho-gakuen.jp/

画像(320x141)・拡大画像(640x282)

Posted at 14時46分

2017年02月22日(水)

[お知らせ]
文部科学大臣認定/職業実践力育成プログラム 「中小企業のための若手社員活性化プログラム」をフレンズTOHO会員企業4社より、5名の方が受講されました!

※下記は文部科学省が認定した「職業実践力育成プログラム」であることを示すロゴマークです
画像(320x104)・拡大画像(623x203)

↑クリックで募集要項のページにアクセスできます↑

 愛知東邦大学では、2016年4月から、文部科学大臣認定の「中小企業のための若手社員活性化プログラム」を開講しています。このプログラムは、文部科学省が社会人の学び直しを支援するために、全国の大学から申請されたプログラムの中から、社会人や企業等のニーズに応じた実践的・専門的なプログラムを文部科学大臣が「職業実践力育成プログラム」として認定したものです。

 2016年度は9名の方が受講され、その内の5名はフレンズTOHO会員企業である(株)シンコーワ、(株)プランナーズランド、(株)IEC、(株)イープロの若手社員の方々です。受講した方からは、以下のような声がありました。また、お互いの会社の課題や悩み、今後の目標などを受講生同士で話し合ううちに、相互の親睦も深まり、大学祭では模擬店を出店されました。

【受講生の声】
「会社での体験や経験が授業内容と重なる臨場感があります」
「他業種の受講生の方々との意見交換や、企業勤務経験のある先生方の実体験をベースにして授業が進むため、参考になることばかりでした」
「仕事と授業の両立はハードな日々でしたが、大きな気づきと受講されている皆さんとのすばらしい出会いがありました」

 2017年度に開講するプログラムは、外国人講師が担当する「ビジネスシーンで使う英語の基礎と考え方を学ぶ」(全6回)を追加し、さらにバージョンアップします。
 詳しくは、下記の本学公式Webページに掲載の「2017年度募集要項」をご確認いただくか、愛知東邦大学教務課までお問い合わせください。

愛知東邦大学 2017年度募集要項のページ
http://www.aichi-toho.ac.jp/public/socialcontributions/bp

Posted at 12時04分

2016年11月08日(火)

[お知らせ]
イベント中止のお知らせ

「おいしい珈琲の淹れ方と飲み方」講座中止のお知らせ

11月12日(土)に開催を予定しておりました本会企画の「おいしい珈琲の淹れ方と飲み方」講座につきまして、本会の都合により中止とさせていただくこととなりました。
ご参加を楽しみにしていらっしゃった方には、お詫び申し上げます。

Posted at 11時00分

過去の記事へ

12

2017


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PHOTO

西濃で紅葉を楽しむ旅

西濃で紅葉を楽しむ旅

学校法人東邦学園のホームページがスタートしました

学校法人東邦学園のホームページがスタートしました

2017年度「総会」報告

2017年度「総会」報告

検索



カテゴリーリスト

最近の記事

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog